CloudFlareでDNSを設定する

CloudFlareには、DNS機能とキャッシュ機能が主な機能としてあります。
今回は、その、DNS機能についてご紹介をしていきます。

DNSとは

ドメインをIPアドレスに変換してくれるサーバーのことです。
例えば、メールはこのIPアドレス、ブログはこのIPアドレスみたいなことができます。

必要なもの

・契約中のドメイン
・CloudFlareのアカウント(登録方法も解説します)

CloudFlareにドメインを通す

CloudFlareを利用するには、CloudFlareにドメインを通さなければなりません。

スポンサーリンク

アカウント登録

今回の記事では、初心者向けの記事なので、登録から紹介しています。
もし、すでにアカウントを持っている方は、次に進んでください。

まずはCloudFlareのホームページからサインアップをクリックします。

次に、「Email」にメールアドレス、「Password」に自分が設定したいパスワードを入力します。
その後、「Create Account」をクリックして登録を完了です。

ドメインを追加する

次に(アカウントを持っていた方は最初に)ドメインを追加します。

CloudFlareにログインして、右上の 「+ Add a Site」をクリックします。

その後の画面で、「Enter your site」の部分に、自分のドメインを入力します。(画像では megumiso.mlと入力しています)
サブドメインは入力しないでください。(megumiso.comはだめ)

入力後、「Add site」をクリックします。

次にプランを決めます。
よほど大量に通信をしない限りは、「Free」プランで問題ないと思います。
「Free」を選択して、「Confirm plan」をクリックします。

ここで、元のドメインに登録されているDNS情報が表示されます。
もし、全部表示されていない場合は、足りない分を自分で追加する必要があります。

確認後、「Continue」をクリックします。

ここがちょっとむずかしいです。

CloudFlareからネームサーバーが指定されます。
上の2つの矢印に書いてある部分をコピーして、お使いのドメインサービスのネームサーバーの設定に貼り付ける必要があります。

こればっかりはサービスによって設定方法が異なるので、「[使っているサービス名] ネームサーバー 変更」と検索すれば、公式で方法が解説されていると思います。

これでCloudFlare上でDNS設定を変更することができるようになりました。

DNS設定を変更する

マイページ内で、「Add record」をクリックすると設定を追加する画面が現れます。
ここに、サーバーから指定される、もしくは、自分で決める設定を入力します。

例えば、「blog.hogehoge.com」というドメインで「192.168.221.1」というIPアドレスが割り当てられたサーバーを契約している場合、「Name」に先程のドメイン、「IPv4 address」に先程のIPアドレスを入力します。

ほかは基本的にはいじらなくても問題ないので、右下の「Save」をクリックして追加します。

間違えてしまった、もしくは普通に変更をしたい場合は、下にリストが表示されていると思うので、リスト内から変更したい箇所をクリックして変更します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
実は私はCloudFlareを普段から利用していて、ドメインを4つほど管理しています。
その使いやすさと反映の速さから、今回はCloudFlareを紹介してみました。

今後もCloudFlareに関する記事を書いていこうと思っているので、ぜひ見ていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク