格安SIMのLinksMateを契約して使ってみた

今回はSIMを「LINEモバイル」から「LinksMate」に乗り換えをしたので、LinksMateがどういうものかというのと、実際の使用感を書いていこうと思います。

LinksMateとは

主にスマホゲーマーをターゲットにした格安SIMです。
有料オプションでほとんどのメジャーなタイトルのスマホゲームの通信量が無制限になるのが特徴です。

スポンサーリンク

プラン一覧

通常の通信プラン

通信容量料金(月額)
1GB500円
5GB1500円
10GB2500円
20GB4200円
30GB5400円

すべてのプランにおいて、自動でSMSがついてきます。それをふまえると、とても安い方だと思います。

ただ、大容量であれば、特に理由がない限り、Docomoで普通に契約してもいいのかなと思ってしまいます。

オプション一覧

主に取り上げるべきオプションのみ掲載しています。

音声通話

600円/月

契約するSIMに通常の音声通話をつけることができます。
他の格安SIMについてる音声通話オプションと変わりません。

追加SIM

300円/月/枚

SIMを追加して、複数の端末で通信容量を共有することができます。
格安SIMによってあったりなかったりしますが、LinksMateにはオプションで利用できます。

追加容量チケット

2枚 500円/月 または 10枚 2000円/月

通信容量が足りなくなったときに、1枚で1GB分の容量を追加できます。
臨時で追加購入する容量とは異なります。

カウントフリーオプション

500円/月

一部のアプリでの通信が無制限になります。
LinksMateの一番の特徴となるオプションになります。

利用するときに気をつけること

契約を解除するときに手数料がかかる

通常、契約するときに手数料を支払うのは普通のことですが、LinksMateの場合は、契約を解除するときも手数料を支払う必要があります。

具体的には、SIMカードを1枚解約するごとに3,000円の手数料がかかります。

「なんだ3,000円か」と思われるかもしれません。しかし、もし、SIMカードを追加オプションを利用して複数枚利用してる場合、枚数分の手数料がかかることになります。
仮に3枚利用していた場合、9,000円の手数料がかかることになります。

通信のみでも本人確認が必須

通信のみの契約の場合、本人確認しなくても契約ができる場合がほとんどですが、LinksMateの場合は、免許証などをアップロードして本人確認することが必須となります。

学生の場合、学生証が書類として使えないので、多少苦労することになります。

実際に使ってみた

今回は、以下のプランを契約して利用しています。

・1GBプラン
・カウントフリーオプション

速度測定

格安SIMが出せる最大の速度を測定するため、基地局から50m程度の場所で測定しています。

平日9時

早いとまでは言えませんが、これくらいの速度であれば特に通常は問題にならない速度だと思います。

平日12時

速度が下がるといわれるお昼でも6Mbpsと、十分な速度を出してくれました。

平日19時

帰宅ラッシュの時間でもおよそ20Mbpsと、高速な速度が出ています。

平日25時

深夜では25Mbps出てくれました。ただ、別のSIMでは250Mbps出るときもあるため、LinksMateは最大25Mbpsに制限されているのかもしれません。

マイページ

通信の残容量を確認するには、LinksMateの場合、ブラウザでマイページにログインして確認するしかありません。


▲実際のマイページ画面

残り容量が確認できるのは当然ですが、右上に、実際に使用した容量が表示されています。
カウントフリーとして通信された容量も確認できるのはありがたい機能だと思います。

まとめ

速度テストしまくった結果、1GBをすぐに使い切ってしまいました。今後は5GBプランなどで速度テストしようと思います(笑)。

料金的にも速度的にも、ゲームをほとんどしない人にもおすすめできる格安SIMだと思いました。

あとは残り容量をアプリでリアルタイムに確認できるようになればもっと良い格安SIMになるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする